日本語教師の養成講座、選ぶ時のポイントは?

日本語教師を目指している人を対象に、養成講座が開設されています。実施しているのは資格取得の学校や、通信制の大学などです。

人それぞれ向き・不向きがありますが、可能であれば実際に通った方が良いでしょう。
近くに資格の学校がない場合や、社会人で昼間は仕事で通えない人もいます。

通信で勉強した方がはかどる人は、マイペースに学習できるメリットを活用して下さい。

ターゲットに応じた日本語教師の養成講座について解説いたします。

通える人は日本語の発音などが関わり、同じ目標を持つ人たちと切磋琢磨できる通学がおすすめです。

費用や養成講座を開設している学校の特徴を、比較したうえで決めることが第一歩です。
学ぶ内容ですが、最初は基本からスタート。


当たり前のように使っている日本語の歴史、文法や発音などを身につけていきます。


生徒は外国人なので、日本と外国それぞれの文化を知ることも必要です。

知識さえあれば務まるわけではないので、教育学や心理学の知識も習得できる学校を選ぶことがポイントと言えます。教えるための知識や、生徒との信頼関係を築くスキルは、日本語教師として働くうえで欠かせません。

語学の習得が思うようにいかず、悩む生徒が出てくる可能性もあります。

実技や実習を行うに越したことはないので、実際に外国人の生徒を相手に行えることが理想です。
実技や実習に力を入れている学校を選べば、現場に出たときの状況がそれとなく分かります。



最初からパーフェクトな日本語教師は存在しないので、養成講座で苦手な部分を克服して下さい。