日本語教師養成講座について

外国人に対して日本語を教える日本語教師の職業は、一般的な国内における国語の教師とはかなり異なっています。

日本語教師の養成講座が評判になっています。

相手はいずれも外国人ですので、日本人のように日本語を母国語として生活しているわけではなく、あくまでも外国語として認識している点は注目すべきです。
そのため国語教育の方法論をもって教えたとしても、相手がうまく理解できずにとまどってしまうことも多いというのが実際のところといえるでしょう。このような外国語としての日本語という観点から、適切な教授法について学ぶことができるのが、日本語教師養成講座とよばれている一連の講座です。
日本人向けの国語教育ではあまり重要視されてこなかった、発音やイントネーション、文法の組み立て方などについてもその範囲に含まれます。



より大きく見れば言語学や社会学、教育学、その他時事問題などといった分野まで、このような日本語教師養成講座のターゲットとなっていますので、勉強量そのものも膨大になります。

一般に大学で同様のカリキュラムを学習した場合には400時間以上の時間数が必要とされていますので、民間の専門学校やカルチャーセンターなどが主催する養成講座についても、おおむねその程度の水準といえます。



無事にすべてのカリキュラムが履修できた場合には、日本語教育能力検定試験などの資格試験を受験して、これに合格して資格を取得するのが実際に就職をしてその能力を生かすための近道となります。